「凛として」永山について

運営推進会議 2018年9月

2018年 第2回 (通算第5回) 運営推進会議 概要 



   開催日 2018年9月21日(金)
   時間  18時から19時
   開催場所  リハステーション「凛として」永山 


         

□□参加者□□ 


利用者さま    A様(通所中)  B様(通所中)

ご家族     A様のご家族C様

ケアマネージャー 西部地域包括支援センター   D様

地域からの参加者 見守り・傾聴ボランティア   E様


菅(代表取締役) 伊藤(管理者) 高橋(職員) 稲村(職員)  計9名




1 ご挨拶 (株式会社オードリーケア代表取締役 菅 俊哉)


 おかげさまで当施設も5年目を迎えることができました。ひとえに近隣のボランティアさん、ご利用者の皆様のおかげだと思っています。一番大事なことは事故がない、怪我をする方が出ない事です。その中で良い運動ができる環境を提供していきたいと思っています。今日はみなさんのご意見を広く伺い、これからの指針にしたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。


2 事業内容に関する説明  (施設長 伊藤昭子)


  

・ご利用時の運動と訓練の内容について

今日は普段使っている「サービス提供の記録」と「送迎の記録」をご覧になっていただきながら、通所中の流れを説明します。来てからすぐに血圧その他のバイタルを計測し、

その時に今日の体調やご気分を伺います。運動の欄には負荷、回数、個別訓練指導の内容だけでなく、利用者の方が「これではちょっと軽い」「これをやると膝が痛いように思う」などの感想をいただいたこと、それについて訓練指導員がどのように応対したかを手記録できるようになっています。この書類と送迎の書類には、職員全員がアクセスし、誰がどんな調子か、送迎中に何か特記する事があったら書き込む、などしています。これらを元にして、パートも正社員もボーダレスに、職員全員がご利用者の「今日の様子」を掴み、情報を共有しながら運営しています。


     

 ・防災について   (相談員 稲村)


  前回に引き続き今回もいくつか改善点がありました。年に2回の防災訓練・避難訓練を行っていますが、今回は「大人数のご利用者がいらっしゃる時」という想定で実施しました。避難先のトイレは確認してありましたが、和式が多くて当日になって慌てた事、うちの事業所でパソコンを入れ替えたばかりなので、SNSに接続して無事を伝える想定をしているのにうまくアクセス出来なかった、などの反省点があります。これを次回に生かし、今後の防災・避難訓練に生かして行きたいと思います。



  ・ヒヤリ・ハット事例など (伊藤)


 当施設の中で転倒はありませんでしたが、ご自宅で転んだ、お風呂場で立てなくなった、コンビニエンスストアに入ろうとして、入り口でつまづいてしまった、など多くの方から転倒した、という報告をいただきました。靴のつま先を確認し、少しカーブがついているかどうかなど見せていただく、また運動に関しても「つま先をよく上げる」「歩行時に自分の姿勢を意識して歩く」と言ったことに時間を多くとり、みなさんへの注意喚起と運動による身体能力の向上に取り組んで行きたいと考えています。



  ・今後の課題 (伊藤)


 お陰様で忙しくなって来たのは有難いことですが、送迎時間をしっかりキープすることや施設内で上質な運動を行うこと、増えたご利用者に対してお一人お一人にきちんと対応ができる、手が届く、という事が「以前よりも簡単ではなくなってきた」と感じています。忙しい中でも、大事なことにはしっかりと時間を取り、怪我の無いようにやっていかなくてはならないと思います。


3質疑応答 ご意見など


ご利用者様から、以下のような意見を頂きました。

「かなり長く通っていますが、ここ数年で向上しているなあと思っています。色々な職員さんがいて、みなさん長く務めているので、こちらも顔がわかっていて安心です。」

「誰か一人、運動の合間などに、お一人になってポツンとしている方が出ると、すぐに職員の方が走ってきて、その人のお相手をしています。皆が楽しめていると思います。わたしも通っていて大変楽しいです。」

「うちの母が本当に楽しそうに通っているので、家族としても良いなあ、と思い安心しておまかせしています。何か希望、要望は?と聞かれるのですが、今のところ本当に満足しています」




 

以上、このサイトでご報告いたします。

この内容は事業所で閲覧可能です。



上質な運動を高齢の方に向けて提供する、
リハビリに特化したデイサービス。それが
リハステーション「凛として」永山です。

営業時間 月曜から金曜の午前9時〜午後5時
(祝日は原則として営業しています)

午前、午後のお好きな時間帯を選んで頂けます。
ともに3時間のメニューで、事業対象者の方、要支援・要介護の方にフィットした運動、リハビリを行います。

空気圧を利用した、静かで滑らかな動きのマシン。大変低い負荷から始められます。
その他、座った姿勢でも全身運動が出来るレッドコードエクササイズ、油圧のマシン、休憩時間にはパズルや読書など、多彩なメニューをご用意しています。


リハビリ特化型のデイサービス、

リハステーション「凛として」永山のレッドコード動画、

日々の雑感はTwitterYouTubeでもご紹介しています!

(クリックでリンク先に移動できます。)

◻︎ご見学・ご利用の空き状況

★★2018年 12月の空き状況(12月5日現在)


 月曜 午後 聖蹟方面空きあり。

 火曜 午前 空きあり。
    午後 1名空きあり。

 水曜 午前 永山方面空きあり。
    午後 空きあり。

 木曜 午前 空きあり。
    午後 落合・豊ヶ丘・貝取方面空きあり。
     
 金曜 午前 空きあり。

 
 


最近はお陰様で、混んでいる日も増えてまいりました。

曜日によっては送迎できる地域が
限られておりますので、
詳細はお問い合わせ頂けると助かります。
どうぞ宜しくお願い致します。



 ★★ご見学について★★

見学にいらしても、その時すぐにご利用を決める必要は
全くありません。施設内をじっくり見て頂き、どのような
運動をしているのか体験して頂き、

「凛として」永山って、こんなところ!

ということを、ぜひ知って頂きたいと思います。
どうぞお気軽に、お声掛け下さいませ。

ごゆっくり見学して頂くには、月曜・金曜の午前、木曜日の午後がおおすすめです。


問い合わせ先
042 310 1933 (9時〜17時)

「凛として」永山
料金など、詳しいことはここをクリック
事業者名リハステーション「凛として」永山
所在地〒206−0014
多摩市乞田1295 小林ビル1F
 
お問い合わせTEL 042 310 1933
FAX 042 310 2188
東京都指定 
1375001540
介護予防通所介護
通所介護

「凛として」永山は、こんなところです!

 ベージュを基調とした広い室内で、楽しく運動・体操をしていただけます。
ご利用者一人一人の体力に合わせたプログラムで、全身のブラッシュアップをして下さい。

休憩スペースは天然木の椅子、テーブルをご用意しました。
心の休まる、あたたかな感触でリラックスしていただけると存じます。

休憩時間は楽しい雑談のひとときでもあり、またスタッフを交えてトレーニングメニューの相談時間でもあります。お水やお茶で水分補給しながら、ゆっくりお過ごし下さい。


リハビリ特化型のデイサービス、

リハステーション「凛として」永山は

TwitterYouTubeでもご紹介しています。

(クリックでリンク先に移動できます。)

免責事項

当サイトのご利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。


お問い合わせ先:042−310−1933

メールでのお問い合わせはこちら

デイサービスへのアクセス

所在地:東京都多摩市乞田1295

〒206−0014

アクセス方法

永山駅から徒歩8分
乞田新大橋交差点そば
Powered by Flips
編 集